スポーツ&暮らしあれこれ!!

 スポーツ総合サイト、スポーツナビ。 プロ野球、MLB、サッカー、ゴルフ、テニス、NBAなど、国内や海外のスポーツに関する最新情報をお届けします。 &  行きたい場所には自動車や電車でひとっ飛び。 喉が乾いたら、コンビニでペットボトル飲料を買ってゴクゴク。 要らないものはどんどん捨てて、新しいものに飛びつく。 食べたいものをありったけ買うけど、結局食べ残して生ごみにポイ! 食生活に彩りを添える便利な存在として.....

        

         中国のレストランで宴会後の食卓を見ると、日本人は残された料理の多さにびっくりする。だが、これは浪費癖のためではない。


                  
    食べれると思って注文したけど、お腹いっぱいで残してしまったこと、ありませんか?お金はもちろん払うとはいえ、申し訳ない気持ちになってしまうもの。

    しかし、親方BC@爆天クルーズ(@bakuten_oyakata)さんのお店に来たカップルの彼女は、そうではなかったようです……。

    カップルがうちの店来て

    彼女が食い切れんぐらい注文して案の定半分以上残して、お会計で彼氏が…

    彼氏「美味しかったです、残してすみません」

    彼女「こっち金払ってんのに何で謝るん?」

    とか聞こえて俺厨房で半ギレになってたら

    彼氏「黙れ!作った人の気持ち考えろ!」

    俺、厨房で泣いた

    泣ける……。

    この投稿には、多くのコメントが寄せられました。

    「そんなに怒るなら注文する時に止めような」

    「どうせ払うのも彼氏なんだろうけどな」

    「平気で残す人は本当に外食しないで欲しいです!」

    「作った側としては綺麗に食べてもらいたいですよね…」

    「絶対に残すな」とはいいませんが、フードロスが深刻な問題になっている現在。お金を払えば何してもいい、というような考え方は無くしていきたいですね。
     
    【食べきれないほど注文して残した彼女…「金払ってるのに何で謝るの?」彼氏の返事が泣ける・・・〔動画あり〕】の続きを読む

          日本が好きなら、是非とも日本でレストランを開業してほしい。これほどのスター、協力者もいるだろうし、繁盛すると思います。ロシアという国が許さないんだろうね・・・。


                 
    平昌(ピョンチャン)オリンピック、フィギュアスケート金メダリストのロシアのザギトワ選手がANNの取材に応じ、将来は日本食レストランを開業したいという夢を語りました。

    ロシア、ザギトワ選手:「日本に行く度に色々なレストランを見てどんなお店にするか研究しています。今はフィギュアスケートが第一なので、お店のことはその後ですが」

    ザギトワ選手は9日、スケート選手としてのキャリアが一段落した後にロシアで日本食レストランを経営したい考えを明らかにしました。

    ロシア、ザギトワ選手:「ラーメンがとてもおいしいです。豚や牛が駄目なので、鶏ガラのラーメンを食べます。今、一番好きな日本食です。アリガトウゴザイマス!」

    ザギトワ選手は特に「鶏ガラのラーメンが一番好きだ」と強調し、本格的な日本食メニューを展開したいという思いを語りました。
     
    【ザギトワ選手の夢は「日本食レストランの開業・・・〔動画あり〕】の続きを読む

       初対面な奴に酩酊状態の子を送らせる友達?仲間?・・まあ、酩酊状態になるまで飲んだか飲まされたか知らんが、十分に想定される事柄。いい加減に飲酒規制法は作らないと、いろんな犯罪、迷惑行為で泣き寝入りの被害者が減らないと思うよ。


                 
    東京・西新宿のマンションで酩酊(めいてい)状態の女性にわいせつな行為をしたとして、不動産投資会社社長の45歳の男が逮捕されました。

    不動産投資会社社長・池田公太容疑者は6日未明、新宿区西新宿のマンションの部屋で酩酊状態の20代の女性にわいせつな行為をした疑いが持たれています。

    警視庁によりますと、池田容疑者と女性は初対面で、直前まで知人ら男女9人で別の場所で酒を飲んでいましたが、タクシーで送るふりをして自宅とは別のマンションに連れ込んでいました。

    池田容疑者は当初、「やっていない」と供述していましたが、現在は「合意のうえだ」と容疑を否認しているということです。
     
    【酩酊の20代女性を…部屋に連れ込みわいせつ行為か ・・・〔動画あり〕】の続きを読む

         生活保護のシステムは改善すべきだと思います。


                  
     兵庫県警生田署は6日、詐欺の疑いで、神戸市中央区の会社員の女(30)を逮捕した。

     逮捕容疑は、2017年7月〜12月、当時、風俗関係の仕事で収入を得ていたにもかかわらず、神戸市中央福祉事務所に申告せず、生活保護費計約73万円をだまし取った疑い。

    同署の調べに容疑を認めているという。
     
    【風俗で収入得ながら生活保護費73万円だまし取る 30歳女を逮捕・・・〔動画あり〕】の続きを読む

         依頼される馬主の幅が広がっている。デビュー当初ならいざ知れず、昨今、菜七子騎手を皆が認知してる中でのものだから、これは藤田菜七子という1人のジョッキーの力を周囲が認めている証でしょう!


                 
    ■史上初の中央女性騎手によるG1騎乗
    2019年2月17日、東京競馬場で行われた今年最初の中央G1フェブラリーステークス。

    平成最後の年のG1開幕戦は、例年以上の注目を集める戦いとなりました。

    中央の女性騎手としては、いまだ誰も騎乗したことがない中央G1(地方も含めて乗っていませんが)に、ご存知藤田菜七子が騎乗したためです。

    レース直前まで3番人気の支持を集めたのは、馬の能力に加えて菜七子人気もあったでしょう。

    最終的には4番人気となり、レースは後方から追い上げての5着でした。

    人気より下の着順になったものの、掲示板を確保したのは立派というべきでしょう。

    ただ、平成最後のフェブラリーステークスをゲットするだけの「何か」までは持っていなかったようです。

    逆に、持っていたのは4000勝のレジェンド、武豊さんでした。

    ハナを切ったインティが最後に後続を突き放す強さを見せ、5着争いを完全に番外ともいうべきものにしたのも、武豊という存在があったればこそ。

    最後は2着馬に詰められていますが、レースを見る限り、振り切れる前提で残り100メートルを走らせていたようです。

    さて、その武豊さんですが、藤田菜七子さんの結果について振られると、自分のG1初挑戦が6着だったことを引き合いに評価しました。

    そのレースとは、いまから31年以上前の1987年11月8日に京都競馬場で行われた第48回菊花賞です。

    6番人気のレオテンザンに騎乗し、途中からハナに立って逃げたものの、最後は人気と同じ着順に。

    ちなみに、武豊さんの中央G1初制覇は、このときからちょうど1年後の第49回菊花賞で、3番人気スーパークリークに騎乗し5馬身のぶっちぎり勝ちを収めています。

    10度目の挑戦でした。

    では、初騎乗5着はどの程度のものなのかを、他の騎手の事例も参考に考えてみましょう。

    ■G1で5着はそもそも立派な成績
    まずは、中央リーディングの上位争いを演じている戸崎圭太さんです。

    南関東は大井のトップジョッキーとして活躍していた戸崎さんは、地方時代から中央で多数騎乗しています。

    正式に中央の騎手となったのが2013年3月の新規免許で、中央G1通算7勝です(以外に少ない?)。

    G1初制覇は地方時代に参戦した2011年の第61回安田記念で、9番人気リアルインパクトで達成しています。
    その戸崎さんは、2009年の安田記念で中央G1初騎乗を果たしました。

    ナント!武豊さんと同様に、初G1挑戦で負けたレースが後年に初G1制覇を果たすレースとなったのです。

    このときの結果は、14番人気のコンゴウリキシオーで逃げて失速の17着でした。

    続いて、こちらも日本を代表する福永祐一さんです。

    1996年10月に行われた、記念すべき第1回秋華賞でG1デビュー。

    12番人気シーズグレイスで6着に来ています。

    このレースの1番人気は武豊さんのエアグルーヴで単勝オッズは1.7倍でしたが10着に敗退。

    勝ったのは、松永幹夫現調教師が騎乗したファビラスラフィンでした。

    福永さんは、1999年の桜花賞・プリモディーネがG1初制覇でした。

    では、武豊さんと同期の関東のレジェンド、蛯名正義さんはどうでしょうか。

    こちらは、武豊さんに遅れること1年半、1989年の皐月賞が初G1でした。

    11番人気とはいえ単勝オッズは22で、そこまで人気がなかったわけではありませんでした。

    結果は17着に終っています。

    待望のG1制覇は、7年半後の1996年第114回天皇賞・秋で、3番人気バブルガムフェローに騎乗し、マヤノトップガンとの壮絶な叩き合いを制しています。

    馬連2,500円はおいしい配当でした。

    こうして見ると、馬の力の差はあるものの、G1初挑戦で掲示板に載るというのは、それだけで立派なことだといえるでしょう。

    藤田菜七子さんは、武豊さんのように来年あたりはG1を勝っているのでしょうか? いやまぁ、武さんと同列に語るのは無理があるかもしれませんが。

    G1勝利が待たれる騎手といえば、キャリア12年目で、2019年2月17日現在の中央重賞勝利数12の三浦騎手もその一人です。

    ほしのあきさんが夫人といううらやましい騎手ですが、菜七子さんとどっちが先にG1を勝つかも注目ポイントになりそうです。
    【藤田菜七子は5着 G1初騎乗の成績はどの程度のものなのか ・・・〔動画あり〕】の続きを読む

    このページのトップヘ