卓球・Tリーグ 琉球、水谷不在のKM東京に下克上なるか
卓球・Tリーグ 琉球、水谷不在のKM東京に下克上なるか
<Tプレミアリーグ2018/19シーズン 2月18日(月) 高砂市総合体育館>
17日19:00より、ノジマTリーグの木下マイスター東京(以下、KM東京)と琉球アスティーダ(以下、琉球)の対戦が、高砂市総合体育館にて行われる。

勝点40で首位のKM東京と、勝点19で最下位の琉球が対戦するカードだ。

2月も後半に入り、いよいよ首位争いが混戦模様の男子リーグ、KM東京は2位岡山リベッツにわずか勝点2差まで迫られている。

首位と最下位の対戦にはなるが、KM東京にとっては万に一つも負けることは許されない戦いだ。

琉球にとっては一つでも順位を上げて意地を見せたいところ。

3位T.T彩たま(勝点28)はまだ射程圏内だ。

KM東京と琉球の過去の対戦成績は、KM東京の5勝1敗となっているが、今回はどのような試合になるか。

見どころに迫る。

■KM東京 vs 琉球 前回の対戦
KM東京と琉球は前回、2月11日に豊見城市(豊見城市民体育館)で対戦しており、その際はマッチカウント3-1でKM東京が勝利を収めている。

水谷隼と大島祐哉(KM東京)のダブルスペアが、地力の差を見せつける形で勝利。

シングルスも張本智和(KM東京)、水谷が連勝し早々にKM東京の勝利が確定した。

琉球は第4マッチで荘智淵(琉球)が侯英超を辛くも破り、意地を見せた。

前回のスコア 琉球 1-3 KM東京
荘智淵/張一博 0-2 水谷隼/大島祐哉○
9-11/8-11
陳建安 1-3 張本智和○
5-11/11-6/9-11/9-11
有延大夢 0-3 水谷隼○
7-11/8-11/8-11
○荘智淵 3-2 侯英超
11-8/9-11/12-10/8-11/11-8

■2/18 KM東京 vs 琉球 ベンチ入り選手の紹介
※2/17時点の発表。()内はTリーグランク

■KM東京
田添 健汰(AA)
松平 健太(S)
張本 智和(S)
大島 祐哉(AAA)
田添 響(AA)
侯 英超(A)

まさかの全敗という悪夢を演じてしまった2/16の岡山戦に続いて、今回も水谷隼のベンチ入りはなし。

勝ち星が大きく先行している相手とはいえどのような影響が出るのか懸念が残る。

ダブルスは誰が組んでもおかしくないが、田添健汰・松平健太の“ケンタ”ペアなども考えられる。シングルスは張本智和を中心に手堅く勝利したい。

■琉球荘
智淵(S)
陳 建安(AA)
江 宏傑(A)
有延 大夢(A)
張 一博(A)

対する琉球は前回対戦時に侯英超(KM東京)を撃破した荘智淵を中心になんとか粘り強く戦いたい。

相手の水谷隼がベンチ外なのは好材料。ダブルスでは張一博を主軸にペアを構成するか。

シングルスは組み合わせ次第で番狂わせの可能性はある。

2/18 KM東京 vs 琉球 見どころの詳細KM東京はシングルスでは優勢と言って差し支えないが、ダブルスはそこまで確証はない。

とはいえTリーグ戦績では琉球選手のダブルス勝ち星数を大きく上回っている。

水谷抜きの編成で重要な一戦でも勝てる姿を見せたいところだ。対する琉球は、厳しい戦いとなるのは自覚しているだろう。

勝ち目があるとすれば荘智淵、陳建安、有延大夢がシングルスで実力を発揮すること。

組み合わせの妙に恵まれるかどうかも重要だ。

KM東京にとっては首位をキープするためには負けられない一戦だ。

対する琉球はなんとか意地を見せ、順位アップに向けて勝利をもぎ取りたい。

KM東京対琉球の試合をぜひ目の当たりにしよう。
      

2018年 - プロチームは、同年秋に開幕を予定する日本初のプロ卓球リーグTリーグ(ティー・リーグ)へ参戦することが決定。3月には、球団運営会社である琉球アスティーダスポーツクラブ株式会社の代表に実業家の早川周作が就任。取締役には、アテネオリンピック 競輪
7キロバイト (632 語) - 2019年2月7日 (木) 12:17

【卓球・Tリーグ】地元岡山が10ゲーム連取の快挙 世界代表の吉村が5連勝  

【卓球・Tリーグ】地元岡山が10ゲーム連取の快挙 世界代表の吉村が5連勝

【卓球・Tリーグ】地元岡山が10ゲーム連取の快挙 世界代表の吉村が5連勝の画像


写真:岡山リベッツ/提供:Tリーグ

<Tプレミアリーグ2018/19シーズン 2月16日(土)岡山武道館>

2月16日、ノジマTリーグで2位の岡山リベッツ(以下、岡山)が首位の木下マイスター東京(KM東京)にマッチカウント4-0の初完封勝利を収めた。岡山は勝点を35に伸ばし、首位との勝点差を5に縮めた。KM東京は勝利すればプレーオフファイナル進出決定となる大事な試合だったが、大黒柱の水谷隼の不在なども響き、シーズン初のストレート負け。

岡山は1番ダブルス上田・森薗ペアの最終ゲームから、4番シングルス吉村の最終ゲームまで、10ゲーム連続で奪取する完璧な試合内容で岡山武道館に集まった1500人を超える地元ファンを魅了した。4月の世界選手権(個人戦)の代表に内定している吉村和弘(岡山リベッツ)は、Tリーグシングルス5連勝と好調ぶりをアピールした。

岡山リベッツ VS 木下マイスター東京 各マッチの解説

1番:上田仁/森薗政崇 2-1 張本智和/田添健汰

第1マッチのダブルスに出場したのは岡山からは7連勝中の上田/森薗ペア、水谷隼が不在のKM東京からは張本/田添ペアが出場。張本がTリーグでは初めてダブルスに出場した。

抜群の安定感を誇る岡山ペアがその力を見せつける形で第1ゲームを先取。続く第2ゲームはどちらが取ってもおかしくない展開に。マッチポイントを握ったのは岡山ペアだったが、意地で1点を返され10-9に。確実にラスト1点を取り、試合を終わらせたい岡山はここでタイムアウト。しかし、逆に相手に作戦を考える時間を与えてしまい、張本/田添ペアに3点連取され勝負は最終ゲームへもつれこんだ。
6-6から始まった最終ゲーム、得意のチキータで先手を取った上田/森薗ペアが4点連取し、その勢いのまま勝利を勝ち取った。

2番:イサンス 3-0 侯英超

ダブルスを取った勢いのまま、この試合も勝ちたい岡山はイサンスを起用。対するKM東京はTリーグデビュー以来まだ1度しか負けていない侯英超を起用。このカードは前回の2月3日のVM(ビクトリーマッチ)でも対戦しており、その際は1-0で侯が勝利した。

リベンジを果たしたいイは序盤から点数を重ね、そのまま逃げ切る形で第1,2ゲームを連取。ドライブのコースをカットマン・侯のミドルへと徹底する作戦が効果覿面であった。第3ゲームは8-8まで拮抗した展開が続いたが最後は3点連取でイが見事にリベンジを果たした。これで岡山の勝利に王手がかかった。

3番:林昀儒 3-0 張本智和

勝負を決めたい岡山はTリーグデビュー以来未だ白星の無い台湾の林を起用。対して、ファイナル出場を決めるためにも負けられないKM東京は前期MVPの張本を起用。林昀儒は「台湾の張本」とも称されるため、張本智和本人との対決に会場中の視線が集まった。

第1ゲームは林が1-3から5本連続ポイントを決めるなどし逆転で先取。続く第2ゲームも岡山に傾いた流れに乗り、4-6の場面から7本連続で得点し、林が見事に連取。

最終ゲームもその勢いは止まらない。林が6-3とリードを広げる中、意地を見せた張本がデュースに持ち込むも、最後は12-10で林が勝利を決め、嬉しいTリーグ初勝利は同時にチームの勝利も確定させた。


4番:吉村和弘 3-0 大島祐哉

この試合も勝利し首位との差を少しでも縮めたい岡山は、2月10日の彩たま戦で2勝し、好調を維持する吉村和弘、一矢報いたいKM東京は大島祐哉を起用。両者は12月8日にも対戦しており、その時は吉村が0-3で敗れているためその雪辱を晴らしたいところ。

第3マッチまでで岡山の勝利が確定したため、ホームである岡山武道館は歓喜のムードに包まれる。そんな中始まった第4マッチは4-4までは互いに引けをとらないシーソーゲームに。そこから吉村が4連続得点で差を広げ、大事な第1ゲームを先取。第2ゲームも岡山ペースに。吉村が3-4の場面から安定した両ハンドドライブを見せ、6連続得点。最後はタイムアウトを取る落ち着いた判断でこのゲームも取り、完封勝利に王手をかけた。最終ゲームでは吉村が9-4とリードを広げるも、大島も粘りをみせ9-9に。しかし最後はフォア前に浮いた大島のストップレシーブを吉村が強烈なフォアフリックで勝負を決める。両手を大きく上に挙げ、拳を外側に向ける通称「和弘ポーズ」で会場と喜びを分かち合った。

スコア詳細:岡山リベッツ 4-0 木下マイスター東京

〇上田仁/森薗政崇 2-1 張本智和/田添健汰
11-5/10-12/11-7

〇イサンス 3-0 侯英超
11-8/11-8/11-8

〇林昀儒 3-0 張本智和
11-7/11-6/12-10

〇吉村和弘 3-0 大島祐哉
11-7/11-8/11-9

     


  

                 <このニュースへのネットの反応> 


#2 [匿名さん] :2019/02/18 17:18

こいつ嫌らーい


#3 [匿名さん] :2019/02/18 17:18

日本の宝


#4 [匿名さん] :2019/02/18 17:19

たきうよりやきう


#5 [匿名さん] :2019/02/18 17:21

張本智和は世界一


#6 [匿名さん] :2019/02/18 17:29

>>5声を出して、相手を威嚇したり挑発したり*にしたりする、のが、か?


#7 [匿名さん] :2019/02/18 17:41

金メダル間違い無し