やれば?
レッドカード覚悟で


吉田弘 (サッカー選手) (カテゴリ サッカー日本代表選手)
U-17日本女子代表との兼任でU-20日本女子代表監督に就任。2012年、地元開催となったU-20女子ワールドカップでは、U-20日本代表としては過去最高の3位の成績を収めた。AFC U-19女子選手権2013では4位に終わり、2014 FIFA U-20女子ワールドカップの出場権を逃した。
7キロバイト (602 語) - 2018年4月6日 (金) 02:26
    
  

     【U-20日本 0-1 U-20韓国 U-20W杯決勝トーナメント1回戦】

 FIFA U-20ワールドカップ2019決勝トーナメント1回戦、U-20日本代表対U-20韓国代表が現地時間4日に行われた。試合は0-1でU-20日本が敗れている。

 中5日の日本と、中3日の韓国。前半は日本がボールを支配し、韓国は引いて構える形となった。日本は何度か決定機をつくるも先制点には至らず、0-0で折り返す。

 後半に入って50分、日本は郷家がボレーシュートでゴールネットを揺らすも、直前に宮代の位置がオフサイドだったことがVARで確認されて得点は認められない。

 後半開始からオム・ウォンサンを投入していた韓国は、次第に攻撃の機会を増やしていく。前半とは打って変わって前からのプレスもかかり、鋭い攻撃につなげていった。

 日本は77分、CKに小林がヘディングで合わせるが、惜しくも枠外。78分には宮代のシュートがポストに嫌われた。

 チャンスのあとにピンチあり。日本は84分、自陣右で菅原がボールを奪うが、ショートパスをつなごうとしたところで相手に拾われてしまう。すかさずクロスボールが入ると、オ・セフンにヘディングで決められ、韓国に先制を許してしまった。

 その後2枚替えで同点弾を目指した日本だが、これが決勝点となって0-1で敗戦。2大会連続でベスト16どまりとなっている。
 【得点者】
84分 0-1 オ・セフン(韓国)
U-20日本代表、日韓戦落として敗退。14年ぶりの8強には届かず【U-20W杯】