元で、初めてふんどしを付け、性に関する知識を授かる褌祝(ふんどしいわい)と呼ばれる儀式がある。 おおよそ数え年で12 - 16歳男子が式において、氏神社前で大人の服に改め、総角(角髪(みずら))と呼ばれる子供髪型を改めて大人の髪(冠下髻(かんむりしたもとどり))を結い、冠親により冠をつける。
5キロバイト (777 語) - 2018年2月15日 (木) 23:58
【STOP「オバチャン化」! 大人の服は難しい・・・〔動画あり〕】の続きを読む